ホリ蔵のシー日記☆

東京ディズニーシーの魅力を紹介!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トイ・ストーリー・マニア!5

ついこの間、シーへ朝の1時間程度、ちょこっと行った時のこと。すでに、たくさんのディズニーブログで紹介されているアメリカンウォーターフロント奥に建設中の来年2012年オープン予定のNEWアトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」を見に行ってみました(^^)
 
 
1110131.jpg
 
 
おぉ(・・)遠くから、このような形で見えるようになったんですね。いつの間にか、外観はある程度完成しているようでした。
 
 
1110132.jpg
 
 
1110133.jpg
 
 
外観の基調色は、白と水色ですね(・・)建物の様式は、どことなくランドのワールドバザールと似てますね。ヴィクトリア様式の建物となっていますね。ランバルディさん、すごい興味ありそう(笑)このヴィクトリア様式を紐解くと。。。 
 
 
1110134.jpg
 
 
ディズニーランドの生みの親ウォルト・ディズニーは、1901年12月5日アメリカ・イリノイ州で生まれ、ミズーリ州のマーセリンという町で少年時代を過ごしました。ウォルト・ディズニーは、この思い出深い町、20世紀初頭のマーセリンの街並みをディズニーランドに再現しました。東京ディズニーランドのワールドバザールにもその精神が引き継がれています。

20世紀初頭のアメリカは産業の大きな転換期でもありました。馬車から自動車へ、ガス灯から電灯へ、サイレント映画が登場したのもこの時代です。そんな活気に満ちた時代を再現したワールドバザールの景色は、日本人である私たちにも何故かどこか懐かしい気がしてなりません。
 
ワールドバザールを縦に伸びるメインストリート沿いの建物は、イギリスのビクトリア王朝時代の19世紀末から20世紀初頭のアメリカにかけて流行したビクトリア様式で建設されています。また、ワールドバザールの交差点をトゥモローランド側へ曲がった先のあたりはアールデコ調の建築様式を見ることができます。また、ワールドバザールからトゥモローランドへの出口の外壁には、草花をモチーフにしたアールヌーボーのレリーフが飾られています。

 
(サイト「Dreamagic」の「ワールドバザール」より一部抜粋)
 
 
実は、なんとなく、アメリカンウォーターフロントに、このアトラクションを造ることに違和感を感じていました(^^”)どことなく、トゥーンタウンみたいなイメージで。しかし、深く調べてみると、ヴィクトリア様式を盛り込んでいるところからして、20世紀初頭を再現したエリア「アメリカンウォーターフロント」の時代設定に沿っているようです。シー版「ワールドバザール」ができる感じでしょうか?外観の建物に、いっぱいの電飾が付いているので、夜は、相当キラキラとしたまぶしいくらいのエリアになりそうですね(^^”)じっくりと、完成を待ちたいです。
 
 
1110136.jpg
 
ハム
 
 
1110135.jpg
 
レックス
 
 
あれ?レックスの腹の部分あたりに、隠れミッキーっぽいのが見えますね(^^”)?隠れミッキーかな?
 
 
スポンサーサイト
  1. 2011/10/16(日) 23:59:11|
  2. トイ・ストーリー・マニア!
  3. | コメント:2
<<の~んびり東京ディズニーシー | ホーム | 10周年デコレーション5>>

コメント

おー!

いやいや凄いですね。
貴重な写真をありがとうございます。
夢はどんどん膨らみます。
  1. 2011/10/19(水) 02:14:15 |
  2. URL |
  3. ゴンちゃん #-
  4. [ 編集 ]

コメントお返し遅くなりまして
大変申し訳ありません(--”)
ゴンちゃんさん、こんにちは(^^)
少しずつ見えてきましたね!
来年の夏オープンまで、
待ち遠しいですね!
  1. 2011/10/21(金) 23:34:29 |
  2. URL |
  3. ホリ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホリ

Author:ホリ
ホリです。シー好きで年パスも10年目です(^^)2016年春、カフェ開業予定のため、2016年3月29日で、ブログ更新を終了致しました。10年間ご愛読ありがとうございました🙇

FC2カウンター

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。