ホリ蔵のシー日記☆

東京ディズニーシーの魅力を紹介!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの旅』詳細編10


1510111.jpg
 
 
どうも、こんにゃちわ(・・)今日お届けする「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの旅」詳細編ですが、ディズニー・アニマルキングダムにある絶叫系コースター「エクスペディション・エベレスト」をご紹介します(^^)
 
 
1510113.jpg
 
 
1510112.jpg
 
 
↑2016年春オープン予定の新しいショー「リバー・オブ・ライト」。フロート・ランタンやウォータースクリーン、そして動物の映像と、ライブパフォーマンスを組み合わせた「動物賛歌」がテーマのかつてない革新的なショー。イメージ的には、シーの「ファンタズミック!」のアニマル版な感じですかね?(参考資料:ミッキーネット)
 
アトラクション名「エクスペディション・エベレスト」
 
オープン時期:2006年4月7日
 
導入エリア:アジア

制作メーカー:Vekoma

 
(「エクスペディション・エベレスト」では新型トラックシステム搭載)
 
総工費:約1億ドル(約120億円)
 
(比較参考資料:タワー・オブ・テラー約210億円、レイジングスピリッツ約80億円)
 
高さ(標高):約60メートル
 
(比較参考資料:タワー・オブ・テラー約59メートル、プロメテウス火山約51メートル)
 
走行距離:約1800メートル 
(比較参考資料:レイジングスピリッツ約600メートル、ビッグサンダー・マウンテン約1000メートル、スペースマウンテン約925メートル)


最高落差:約34メートル
 
(参考資料:スプラッシュマウンテン約16メートル)

逆走時最高速度:約80キロ(暗い洞窟を逆走しているときの速度)
 
落下最高速度:約93キロ(一番の見せ場となる落差約34メートルでの速度)

身長制限:112cm以上
 
FP+対応アトラクション
 
シングルライダー対応アトラクション
 
 
1510114.jpg
 
 
1510115.jpg


1510116.jpg


1510117.jpg


1510118.jpg



1510119.jpg


15101110.jpg


 
バッググラウンドストーリー


エベレスト山のふもとの村「セルカ・ゾング」の村人たちは、山に住むといわれる「イエティ」を山の守護神と信じていました。そこに、「ヒマラヤ・エスコープ旅行社」という怪しい会社が現れました。村人の警告を無視し、好奇心旺盛な旅行者(ゲスト)たちを神聖なエベレスト山へ案内する過酷な旅を企画しました。一行は、観光用の古びたアナンダプール鉄道の列車(かつては紅茶輸送に使用されていた列車)で出発しました。しかし、当然「守護神・イエティ」の怒りを買ってしまいました。エベレスト山の山腹付近まで行ったところで突然、線路を引きちぎられてしまい、列車は制御不能となり暗闇の洞窟を大暴走します。そこで、ゲストたちは本物の「守護神・イエティ」に遭遇してしまうのです・・・・
 
(参考資料:Disney FAN、および旧「ホリ蔵のシー日記」)
 

15101111.jpg

 
。。。。データからして、よだれが出るほど絶叫系好きとしては、たまらないですよね(><)まず、乗り場までのQライン(並ぶところ)で、チベットの寺院を思わせる造りや、チベット工芸品、登山家の無線室、テントやピッケルといった登山道具が飾られています。この造り込みが、ディズニー!!そして、列車へ乗車。緩やかなコース周りから、エベレスト山頂に向けて傾斜のキツイ上り坂を一気に登っていきます。そこからの見晴らしは、果てしなく広がるオーランドの湿地帯を一望できてました(^^)遠く、トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラーの建物も見えたり。そして、山頂付近で、目の前に引き千切られたレールが見えたと思ったら、列車が停止して真っ暗な洞窟へ逆走します。結構、想像以上に速くて両手挙げてるのが大変でした(^^”)そして、伝説のイエティの影を目撃すると、逆走列車が前進して、洞窟から外に出ると、落差約34メートルの急降下!!!スプラッシュマウンテンの高低差の2倍です♪とにかく、センター・オブ・ジ・アースのような爽快感が半端ない(><)そのあとも、旋回が多いんですが、洞窟に入ったり外を駆け抜けたりと、ビッグサンダー・マウンテンのようなコースまわりで、何度も乗りたくなるアトラクションでした!!結局、4回しか乗れませんでしたが、もっと乗りたかったですね(--”)


15101112.jpg

 
ちなみに、急降下時、写真撮られます(^^”)
スポンサーサイト
  1. 2015/10/11(日) 18:28:39|
  2. ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの旅
  3. | コメント:5
<<カフェめぐりNo52『ミスタードーナツ』 | ホーム | カフェめぐりNo51『Live CAFE カレー&カフェ』>>

コメント

こんばんは!

絶叫系が苦手な私からしてみたら
“エベレスト”と聞くだけで怖いです(笑)。

それと、ホリさんの比較参考資料が
苦手なアトラクションばかりで
より恐怖が増しました((((;゜Д゜)))

それを4回しか?じゃなくて4回も
乗ったなんて尊敬しちゃいます(笑)。

でも、Qラインまでやアトラクションに
乗って見る景色には興味あります☆

きっと、何を見ても素晴らしいんだろうなっ!
  1. 2015/10/11(日) 22:27:56 |
  2. URL |
  3. mimmie2♪ #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは☆

Qラインの飾り付けがいいですね〜面白いです。

速度や落差の数字を見てもドキドキですが、逆走?80キロ?
(@_@)気が遠くなりそう(笑)

でも、皆さん両手をあげて楽しそうですよね〜。
何かポーズとりましたか?
  1. 2015/10/11(日) 23:22:37 |
  2. URL |
  3. かぴ #-
  4. [ 編集 ]

mimmie2♪さん、並んでいるところは、まさに
チベットの資料館のような感じで、いろんな
参考資料が展示されてまして、
並んでいる間も、退屈しないと思います(^^)
気付いたら、乗り場ってな感じですね。
 
かぴさん、逆走は、ホント真っ暗でよく
分からないのですが、思いのほかスピードが
速いです(^^”)
ポーズですか?結構、ポーズとるのも
厳しいくらいGがかかるんですよね(--”)
また、行くときトライしてみますね!
  1. 2015/10/12(月) 00:33:59 |
  2. URL |
  3. ホリ #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

絶叫は得意では無いですが、速いものは好きな私です(笑)
そして造りこまれた様子も見たいですね。
日本にも出来ないかなーと思えます。

  1. 2015/10/12(月) 05:52:31 |
  2. URL |
  3. もとかみ #-
  4. [ 編集 ]

もとかみさん、僕も密かに
ロストリバーデルタにできないかと
期待したりしました(笑)
 
もう日本は、敷地がなさそうで
厳しいんですかね?(--”)
  1. 2015/10/12(月) 16:09:05 |
  2. URL |
  3. ホリ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホリ

Author:ホリ
ホリです。シー好きで年パスも10年目です(^^)2016年春、カフェ開業予定のため、2016年3月29日で、ブログ更新を終了致しました。10年間ご愛読ありがとうございました🙇

FC2カウンター

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。