ホリ蔵のシー日記☆

東京ディズニーシーの魅力を紹介!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10年間『ホリ蔵のシー日記』ご愛読ありがとうございました(--)

カフェブログ↓ 
『COFFEE MOAT(カフェ・モート) -subblog-』
 
170329.jpg


 
 
 
 
 
 
『大切なものは、心の中に永遠に残るんだ。』
 
いつまでも。。。
 
ずっと。。。

 
 
 
 
 

 
1503253.jpg
 
どうも、こんちくわ♪もう、こんなゆる~いご挨拶も最後となりました(^^”)今日で、「ホリ蔵のシー日記」新旧合わせて10周年を迎えることが出来ました!!今日この日まで、支えてきてくれました読者の皆様、本当にありがとうございました(--)
 
そして、このブログもカフェ開業に集中すべく本日をもって終了とさせていただきます。この10年間、「ホリ蔵のシー日記」をやってきて、たくさんの方々とお会いする機会がありました。こんなブキッチョな管理人ホリと仲良くしてくださいましてありがとうございました(^^”)
 
まさか、ディズニーブログを始めたことで、こんないろんな出会いが生まれるなんて思いもしませんでしたし、ただただ感謝しかありません(--)ブログを10年間ずっと続けてきてよかったです。
 
そして、一眼レフ「かめぞう」も、今日まで故障せずよくぞ頑張ってくれたなと思います(--)実は、去年の秋のフロリダ・ディズニー行った時、電車で一眼レフ落としてしまいまして、本体に大きなヒビが入っていたんです。いろいろ不具合が出ていたので、写真のピントが甘くなってたりお気付きだった方いらっしゃったかもですね(ーー”)これを機に、しっかりと修理のため休ませたいと思います。
 
1501036.jpg
 
1407308.jpg
 
さて、最後の最後に、この10年間「シーの魅力紹介」をメインテーマとして続けてきた「ホリ蔵のシー日記」。この10年間シーを見続けて、さらに、USJやフロリダ・ディズニー、香港ディズニーなど他のテーマパークも見てきて、あらためて「シーの魅力とは何か?」自分の好きなシーの良さを書いて締めくくろうかと(^^)
 
 
1411184.jpg
 
やっぱり、景観の美しさ。高低差のあるパークの造りから生まれる景観の奥行きは、シーだからこそ。アクアダクトブリッジから眺めるハーバーと遠く見えるホテル・ハイタワーやS.S.コロンビア号の煙突。なんて雄大な景観だろうと、いつもほれぼれして眺めてしまいます(^^)エレクトリックレールウェイからの果てしなく広がる水平線(借景)も、シーの景観をより一層雄大なものにしています。
 

14073012.jpg
 
そして、歴史を感じさせる深みのある街並み。さらに、そこに車や電車、蒸気船にゴンドラが往来することで、まるで、そこに人々が住んでいるかのような営みのある景観を生み出している。これも、魅力ですね。
 
 
1411197.jpg
 
あと、やっぱ、アメリカンウォーターフロント・ニューヨークの波止場でのビールが至福なんですよね(笑)お酒が飲めるのもいいですし、お酒を飲みながら、海の潮の香と、船の汽笛や電車の走る音を聴きながら、何も考えないで、ただ景色を眺めているのが幸せ(^^)
 
15032413.jpg
 
それに、のんびりできる穴場スポットが必ずシーには、いろいろあるのがいいです♪ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ裏手のハーブ園とか、静けさのあるドナルド通りとか。あと、櫻のテラスとか、S.S.コロンビア号のデッキも雄大な眺めが楽しめるし♪

また、シーは、7つのテーマポートで、関連性ある深いBGS(バッググラウンドストーリー)が魅力。イタリアのザンビーニ兄弟がニューヨークにワインを輸出してたり、ニューヨークのハイタワー三世が中央アメリカの遺跡へ遠征してたり。ケープコッドのダッフィーが旅をして、イタリアでジェラトーニ、ニューヨークでステラ・ルーとお友だちになったり。要塞のS.E.Aメンバーは、世界のパークにまでつながってます。BGSの深さは、シーは桁違いです。
 
あとは、世界に誇れるオリジナルアトラクション「センター・オブ・ジ・アース」。このアトラクション、ぶっちゃけ所要時間短いんですが、それでも、ハイテクなアトラクションだし、日本のシーでしか味わえないのが誇らしいです(^^)
 
1501071.jpg
 
あと、忘れちゃいけないのは、奥深いオリジナルストーリーを持つ「タワー・オブ・テラー」。外観の豪華なホテルの姿が、また魅力的(^^)
 
15021510.jpg
 
1408216.jpg
 
あと、シーの歴史を創ってきた数々の素晴らしいオリジナルショー『レジェンド・オブ・ミシカ』や『ミスティックリズム』『ビッグバンドビート』なども忘れてはいけないですね(--)
 
1510193.jpg
 
あとあと、名曲「コンパス・オブ・ユア・ハート」が聴けるアトラクション「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」も、シーでしか味わえないですし。。。。
 
1411183.jpg

ん~、やっぱキリがないなぁ(笑)でも、とにかくシーは、土台がしっかりしてて素晴らしいなと思います(^^)もともと、中高年層をターゲットとして創られたパークなので、大人をも感嘆させる限りなく本物の街並みを再現していますよね。それが、今でもいい意味で残っています。キャラクターが溢れ、ファミリー層向けのアトラクションが増えつつある今ですが、それでも、大人な雰囲気だなぁ~と感じさせるのは、土台をしっかり創ってくれたから。

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーやディズニー・ハリウッド・スタジオのテコ入れ具合を見てると余計に思います。テーマエリア自体無くなったりエリアの名前自体変更されたり。シーでは、そこまでの大きなテコ入れは無かった。それは、逆に言えば土台(BGS)がしっかりしてたから。
 
15021512.jpg
 
スルメイカを噛むように、じわじわとシーの良さがにじみ出てくるのは、行くたびに新しい発見があるから。冒険心や探求心をくすぐるんですよね♪そのぐらい創りに創りこまれたパークが「東京ディズニーシー」かなと。ホント、海外ディズニー行って、あらためて思うんです!日本に「東京ディズニーシー」があることが誇らしいなと(^^)
 
でも、海外ディズニー行ったら、シーよりエプコットに心引かれてしまうのかなーとも思ったんですが、エプコットも確かに魅力的なパークだったんですが、シーの景観の美しさと、BGSの深さは到底かなわないです。ほんとに、かなわない。海外のディズニーパークを見て、自分の思うシーの凄みは確信に変わりました。

やはり、10年たった今も、シーが一番好きな場所は、変わらず(笑)どんだけ一途だよ!って話ですが(笑)異国情緒溢れる気品さだけじゃない!探険心くすぐる野心溢れるエリアも同居するシーは、たまらなく魅力的なパークなんです。そして、世界のいろんな地へ旅気分を気軽に味わうことができる。。。
 
1403191.jpg

 
今年でシーは15周年。あらためて、たくさんの方々に愛されるパークに成長したシーが嬉しくて仕方ありません(><)シーの個性を理解してもらえず、ディズニーを求められ、四苦八苦してたころのシーを見てきただけに感慨深いです。
 
これからは、1ゲストとしてシーを、そっと見守っていきたいなと思っています♪15周年おめでとう!!そして、みなさん10年間ご愛読ありがとうございました(--)

。。。ちなみに、冒頭のストーリーテラーズ像の若きウォルト・ディズニーとミッキーマウス像が、なぜ?あの場所か?みなさんは、どう思われていますか?僕は、こう思います。きっと、大きな志を胸に、初めて訪れた東京ディズニーシー。みなさんと同じように、ミッキーと一緒に、まだ見たこともない地へ旅に出かけようとしてる姿に見えるんです。だから、旅人であるゲストと同じ立ち位置で立っているのかなと。ウォルトとミッキーがどんな会話をしてるのか?想像が膨らんじゃいます🎵

 
ウォルトが15周年を迎えるシーを見つめて、こんなこと言っているかもしれません。。。

1603315.jpg


『まだ始まったばかりだよ』


1603314.jpg

1603312.jpg

1603311.jpg

 
まだまだ、シーの物語は始まったばかり。僕も、これからですよね!


1603313.jpg

↑2016年3月31日撮影
 
 
2016年3月29日 管理人ホリ

 
おまけ
 
1603291.jpg

 
耳たぶで遊ぶグーフィー(笑)おひょひょ~
スポンサーサイト
  1. 2016/03/29(火) 11:40:03|
  2. 管理人ホリから一言
  3. | コメント:93
次のページ

プロフィール

ホリ

Author:ホリ
ホリです。シー好きで年パスも10年目です(^^)2016年春、カフェ開業予定のため、2016年3月29日で、ブログ更新を終了致しました。10年間ご愛読ありがとうございました🙇

FC2カウンター

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。